医学面及び美容面のアンチエイジング

アンチエイジングとは、日本語では抗老化であり、老化を防止する行為の総称です。医学面では、加齢による身体の衰えを遅らせたり、加齢によるマイナス面を防止する積極的予防医学として、多様な治療を行うものです。具体的には、免疫力やホルモンレベルの低下、活性酸素によるストレスなどの老化原因のそれぞれに対応した治療が行われます。ホルモンレベルの低下には、様々なホルモン投与が行われ、酸化ストレスに対しては、抗酸化作用のある食品や薬品等が使用されます。また、広い意味のアンチエイジングとしては、糖尿病や高脂血症などの疾病に対する食事療法、運動指導のほか、機能性食品を使用した栄養指導や心身ストレスに対する精神療法もあります。さらに、最新のアンチエイジング医学として、老化に関係する遺伝子の研究や免疫機能を回復させるための研究も進められています。一方、美容面では皮膚のシミやシワを消すマッサージや手術のほか、育毛などが重要なアンチエイジング対策として研究されています。